PROFILE



【 あ に 】
モデラー科に属する雑食獣。
東海地方に生息し、ガンプラ
やマシーネンを主食とする。



NaGoMo2

浜松ジオラマファクトリー

【MG】

CATEGORY

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

TRACKBACK

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリハリのあるウエザリング
いろんなウエザリングの表現が知りたくてAFVモデラーさんのサイトをいろいろ回ってみたけど、ほとんどのモデラーさんが全体にぼやーっとしたウエザリングをされてる。なんでだろう?写真などで見る本物の戦車はもっとはっきりとした泥やハゲチョロ、水ダレなんかで汚れてるのに。このはっきりした汚しがあるとスケール感もぐんとアップするんじゃないかなぁ?って思うんだけど。

ただ、はっきりしたウエザリングばかりだとくどくなる。(これは以前ポーラベアーでやってみて失敗した。)ぼやーっとした(グラデーション的な)汚れと、はっきりとした(シャープな)汚れがバランスよく(・・・といっても規則正しくはダメ)配置されてると、かなりクールな汚れになるんじゃないかな?と思う。

今回は足に被弾して炎上したという設定なので、ここを汚しのアクセントにした。ぼかした汚れは、くるぶし辺りが擦れて下地がうっすら見えてるのと、焦げ後の茶色。細かい傷は、くるぶしに付いた岩や転がった残骸などの傷、爆発時の細かい破片でのひっかき傷。ブロック状の大きな剥がれは、熱によって塗装面が焼けて剥がれた。という設定で塗ってみた。

くるぶし等の下地がうっすら見えてる箇所はアクリル溶剤で白を擦り落とした。テレピンを使わずアクリル溶剤を使えば、なめらかにアクリル塗装を剥がすことができる。焦げはエアブラシやピグメントを使用。細かい傷は先のとがった物でひっかいた。

激しい焼け剥がれには以前書いたようにテレピンを使うのだが、テレピンの量によってはアクリル塗装がデロデロになって剥がれる。これをしてると実際に熱で塗装面をデロデロに溶かして剥がしてる感覚になってくる。そうなればこっちのもの。どんな感じで炎であぶられるのか想像しながら熱で溶かしてるつもりで塗ると、かなり大胆に剥がしてもそれらしくなる。メラメラメラ~って言いながら作業するとさらにリアルになる。

デカールが馴染んでるように見えるが、これはアクリル溶剤がマークソフターの役割をしてるからなのかもしれない。実はマークソフターの中身はアクリル溶剤そのものだから。

1枚目の写真の膝にある3本のスパイクのところに、熱で白い塗料が溶けて流れたという表現をしてみた。よく炎上した車の写真を見るとこんな感じの跡がある。もしかしたら塗料が溶けた跡じゃなくて消化剤だったりするのかも。


  >>『人気ブログランキング』に参加してます。
  
  ↑ポチッとしていただけるとよろこびます。


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

モデサミ順位発表!
お待たせしましたっ!モデサミの全順位と全作品の発表ですっ!

どれもこれも素晴らしい作品ばかりで見応え充分ですよっ!

----------------------------------------------------------------------------------


実はアンテナの折れたところに
金属フレームをこっそり仕込んでおいた。

会場でこれを見つけてくれた方。
あなたには
あにマイスターの称号を与えましょう。

え?いらない?

そんなこと言わずに受け取ってくださいよぉエグチヒロカズさん。

見つけてくれてありがとう。うれしかったです。


  >>『人気ブログランキング』に参加してます。
  
  ↑ポチッとしていただけるとよろこびます。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

やはり太陽光はすごい
毎度のことながら外で撮影してみた。
やっぱ無限遠光源はすごい。ボケずにくっきりうつる影ってかっこいいよね。この日は晴天でちょうどこの青がなんとも良いコントラストになってる気がする。

会場で肩の剥がれ塗装についてよく聞かれたので書いておこう。濃いグレーのラッカーで下地塗装し、その上からヴァレホアクリル(タミヤアクリルでもいいかも。)塗料を筆塗り。

で、ここからがポイント。それを上からテレピン油でアクリル塗装だけを落とす。本来はアクリルはテレピンで溶けないのでボソボソのダマ状になる。それを利用するとこんな感じのチッピングができあがるという仕組み。このチッピングの粗さや形状はアクリルの筆塗り加減で変わってくるので注意。テレピンの代わりにタミヤエナメル溶剤でもいける気はするけど試したことはない。

ハンビーの正面が写したくて撮ったアングルなんだけど、ガンダムの影がずばっと落ちてるのもかっこいいなぁ。

最近人物が手前にいて対象物を見上げてるっていう構図が多くて。ちょっと違う構図のジオラマも作りたいなぁと思ってたけどこれはなにかヒントになるかもしれないなぁ。

ジオラマはスキルが上がって引き出しが増えれば増えるほど表現できる物語や情景もどんどん増えていくと思う。やりたいことは山ほどあるけどそれにまだ自分のスキルが追いつけてないのがもどかしい。


  >>『人気ブログランキング』に参加してます。
  
  ↑ポチッとしていただけるとよろこびます。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ありがとうございました!
モデラーズサミットも無事終了。参加された皆様、ご来場の皆様、ありがとうございました。
楽しいイベントは他にもいくつかありましたが、モデサミは感動もありました。
スタッフだけではなく、そこにいる全員が良いイベントにしようとしてくれてるのを感じました。

なんの経験もない素人がこんなに大規模なイベントをやるのですから
辛かったり大変なことも沢山ありました。
が、参加された皆さんの喜ぶ顔をみてたらそんな苦労いっぺんに吹っ飛んでしまいました。

僕たちの力だけではなんともならなかったと思います。
みなさん、本当にありがとうございましたっ!


さて僕の作品ですが、なんと8位入賞!投票してくれた皆様、ありがとうございましたっ!



今回の投票結果をみて感じたことは、目立たなくてもしっかり作られている作品に対しては
ちゃんと評価されていた気がします。
(優勝した濱薫さんの作品はそれにインパクトもあったので圧勝でした。)

もちろん皆さん一生懸命作られてたと思います。が、僕個人的には
ZIGGYくんやミツタケさん、takaさんにエスタさんが自分の作品にどれほどの思いを込めて
いたかをずっと見てきたので、彼らが入賞したことは自分のことのように嬉しいのです。


  >>『人気ブログランキング』に参加してます。
  
  ↑ポチッとしていただけるとよろこびます。


テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

モデサミはこれでいきます
さて問題。この人たちは何を見てるのでしょうか?

フィギュアはハセガワの1/72アメリカパイロットグランドクルーセットを使用。腕をエポキシパテで作り直した。ハセガワからはいろんなフィギュアがでてるけどこれが一番モールドがシャープで出来がいい。たくさん買いだめしておこう。

このハンヴィーにはあとから連邦デカールを貼って連邦仕様にするつもり。

・・・っちゅーことでこの人たちが見ていたのは陸戦型ガンダムです。こいつは錆びるほどは長くはないけどそこそこの期間放置されていた設定。それにザクは錆びてもいいけどやっぱガンダムは錆びないでしょうと。茶色も入れるけどそれは錆ではなくて焦げということで。

さぁ~てとりあえずの問題は完成するのかってこと。今のところかなりやばいです。というか普通のペースでは無理なので何かいい方法を考えねば。
会場にお越しの際にはこのジオラマは上から見るのではなく、しゃがんでフィギュア視点から是非見てください。ジオラマの世界がぱ~っと広がります。

モデサミ当日はこの他にマクロス、ファルケ、アッガイ、それからあの内緒にしてる新作を展示予定で~す。



  >>『人気ブログランキング』に参加してます。
  
  ↑ポチッとしていただけるとよろこびます。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。