PROFILE



【 あ に 】
モデラー科に属する雑食獣。
東海地方に生息し、ガンプラ
やマシーネンを主食とする。



NaGoMo2

浜松ジオラマファクトリー

【MG】

CATEGORY

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

TRACKBACK

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイレイダー完成!
主翼をたたんで固定し、スカイレイダーの完成!前回書き忘れたけど、垂直尾翼からのびてる空中線には手芸センタートーカイで買った真鍮線を黒染めした物を使用。どうでもいいけど手芸センタートーカイってネットで探しても全然出てこないと思ったらクラフトハートトーカイって名前に変わってたのね。

手芸屋さんは結構行きます。展示会で作品の下にひく大きな布とかも売ってるし、粘土も売ってるし。いろいろ模型に便利な材料や道具とか揃うんですよ。

恒例の野外撮影。ゆっくり撮ってる時間がなかったのでこの一枚だけ。周りが高い建物ばかりだったので、こんな極端な煽りの写真しか撮れなかった。
いつか時間があるときに青空の写真をバックにして撮影したいと思う。

屋外撮影って効果は抜群なんだけど、なにせ恥ずかしくって。屋上とかあればいいのに。



スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

スカイレイダーといえばこの汚れ
スカイレイダーといえばこの排気汚れ。これがやりたくてねー。ただ黒一色にはしたくなかったので、いろんな資料見てフチだけ黒くなってて、中は焦げ茶色になってる機体があって、よしっ!これでいこうと。
まずは黒フチ。これはエナメルのフラットアースと黒を混ぜたものをエアブラシでずばっずばっと2本吹き、その内側をテレピンで擦り落として4本の線だけを残すようにした。最初からエアブラシで細い線を4本描けばいいのにと思うかも知れないが、それだとどうしてもぼやけた線になってしまう。かといって全部筆塗りにするとぼやけた感じが出ない。つまりエアブラシと筆塗りのおいしいとこ取りというわけ。でもこれ失敗すると両方の良いところを打ち消し合うだけになってしまうので要注意。

で、黒フチが出来たら、内側のオイル汚れをエアブラシでさーっと吹く。それだけだと綺麗すぎるので、人が手で触るであろう箇所を筆ではがしたり、主翼の後ろあたりから縦に線を数本入れた。これは何の線なのかよくわからないけど、汚れが激しい機体には必ずこんな感じにラインが入っているのでよくわかんないまま真似してみた。雨だれなのかな?

文章にするとたいしたことなさそうだが、これがかなり難しかった。なかなか形が決まらない。どうやって描いてもいかにも描きましたよ的な汚れになってしまう。何度も何度もやり直してるうちに機体がどんどん黒ずんでしまい、また下地塗りからやり直して、そんなことしてたらツヤが出てしまってあーもう投げ捨てて良いですかみたいな。
でも終わってみたらその苦労の後がイイ感じにウエザリングに反映されてるような気がする。やっぱ手間暇かけたものは作品にあらわれるんだなぁと都合良く結論づけてみた。

ちょっと気晴らしにプロペラ回してみた。うお~かっちょいいー!としばらく眺める。この眺めてる時間というのは作業的には無駄なことかも知れないが、モチベーションアップにはとても重要なんだと思う。ジオラマなんて眺めてる時間の方が多いかもしれない。

いやぁ~模型って楽しいねぇ~♪


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

アーマーモデリングに載りましたっ!
今月号のアーマーモデリング に、僕の作った「wind」が載りましたっ!
浜松ジオラマグランプリの記事ということですが、賞も取ってないのに、こんな良い場所にしかもこんなに大きく・・・なんだか申し訳ない気分です。

日記のタイトルも大げさで申し訳ないです。つい嬉しかったので。いやほら、ガンプラ作る人がアーマーモデリングに載るってなんか面白くないですか?ちなみに忘れてらっしゃる方多いと思いますが、僕はマシーネンモデラーです。そろそろマシーネン何か作らないとなぁ。


・・・で、スカイレイダーですが、

スカイレイダーは武器をじゃんじゃん積めるのも魅力のひとつ。なので別売りのウェポンズセットを購入。爆弾を搭載することにした。
たくさん爆弾を作るとなぜか無性に並べたくなる。なんか爆弾魔になった気分。


先端と根本にある黄色いペイントはデカールが入っているんだけど、しわになって上手く貼れないので塗ることにした。資料を見ても結構雑に塗っているようなのもあったし。
この手の爆弾って当時の写真を見るとかなり汚れてる。搭載しては使わず帰ってきてまた使うとかしてるのかな?でも、着艦時には重量を軽くしないとダメだからどっかその辺に落としてきちゃうのかな?あぶねーな。あ、重いから捨てるのは燃料タンクだったっけ?ま、とにかく汚れがひどいのである。

ダークグリーンに黄色のライン、ステンシルとミリタリー要素たっぷりな爆弾に萌えるのである。

あ、羽根のところは薄く削りこんであります。



     


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

めちゃ格好いいパイロット
このキット、予約特典で付いてくるフィギュアがめちゃくちゃかっこいい。これが欲しくてスカイレイダー買ったと言ってもいいくらい。1/32なので ウィンザーニュートンのこの筆 を使って顔塗り。僕は大好きでいつも使ってるんだけど、この前ファイナルラップの店長さんがこの筆の凄さを教えてくれた。実は見えていない金口の中にも毛が長めに仕込んであって、その分塗料の含みがいいと。なるほど~。

このときはまだ顕微鏡買ってなかったので、肉眼で塗った。意識はしてなかったけど、塗り終えてみたらなんかゲーリーシニーズっぽくなった。僕の大好きな役者さんだ。

パイロットスーツはわざとらしくならない程度に塗り分けをした。材質を意識しながらツヤを若干変えながら塗るとリアルな感じになる気がする。筆塗りの場合はそういうのを意識して塗ると、タッチとかツヤとかに微妙に影響してくる気がする。気のせいかもしれないけど。ヘルメットはお約束でつるっとした感じに。

う~ん、やっぱりファイギュアっていいね。フィギュアがあるとそこに物語の要素が加わる気がするね。
気のせいかも知れないけど。





テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

タンクの汚れ
エンジンからあれだけオイルが漏れてるんだから、下に付いてるタンクはもう油汚れがダラダラで。つたーっと流れてるわけなんですよ確か。っていうかそれをやりたくて腹下に一本のタンクを付けたようなもんで。

スカイレイダーってこの後の工程でやるんだけど、エンジンのオイル漏れ以外にも、エンジンの排気汚れもこれまたひどいもので、汚れ大好き男にとってはもうヨダレもののアイテムなわけでして。

こんな感じにタンクにそってオイルが流れていて、このとき気をつけるのは機首の方がやや高い位置にあるので、オイル汚れのスジはタンクに対しては垂直方向より若干斜めになるということ。言葉にするとそんなことあたりまえだし、
大したことないんだけどこれが実際やってみるとなかなか難しい。
でも、こういうポイントをどれだけおさえるかで作品に説得力が出て、リアルさがぐんとアップするんだと思う。

飛行機の資料って高い本が多いけど、この世界の傑作機 シリーズは比較的安くてうれしい。・・・んだけど、何故かスカイレイダーはちょっと高めだなぁ。あ、そか。品薄でややプレミア価格なのか。






テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。