PROFILE



【 あ に 】
モデラー科に属する雑食獣。
東海地方に生息し、ガンプラ
やマシーネンを主食とする。



NaGoMo2

浜松ジオラマファクトリー

【MG】

CATEGORY

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

TRACKBACK

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆塗りなのにムラにならないのは?
 最初の方は塗るっていうより描くって感じで。
 僕はカラーをたっぷりシンナーで薄めて
 水彩画みたいに塗るのでおなじところに筆を
 2度3度おいてしまうと下のパテがシンナーで
 侵されて溶けてしまう。
 だから最初のうちはさささっと描くだけ。
 何回も重ね塗りしてると塗料の皮膜ができ
 丈夫になるからそうなるまではひたすら描く。



プラモ用の金属製の軽い塗料皿が嫌いなので、
陶器の白い塗料皿を使ってる。日本画で使うやつかな?
真ん中にシンナーを入れて絵の具の水入れのように
使ってる。
昨日言ってた筆ムラが出来ない理由はこれ。
ラッカーを多めにして薄く少しずつ塗ると
カラー自体は少量だからムラにならない。
乾くのも早いのでわりと時間がかからない。



 さび塗りで気をつけてるのは上から重ねて塗るとき
 下の色を塗りつぶさないようにしてる。
 何回も下色を残しながら重ねると使っている色数よりも
 色が複雑に混ざりあって深みがます。・・・気がする。

 この段階ではサビ色の調整はしてないので
 やや紫がかって見える。
 さびの色を作ろうとしたら紫になっちゃった。
 っていうことよくないですか?

その話はまた今度サビを塗るときになったら話す。と思う。・・・たぶん。


  >>『人気ブログランキング』に参加してます。
  
  ↑ポチッとしていただけるとよろこびます。

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。