PROFILE



【 あ に 】
モデラー科に属する雑食獣。
東海地方に生息し、ガンプラ
やマシーネンを主食とする。



NaGoMo2

浜松ジオラマファクトリー

【MG】

CATEGORY

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

TRACKBACK

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋外撮影の落とし穴
日光が作る影や光は模型をぐんとリアルに見せることが出来る。が、どんな模型でも効果的
に見えるわけではない。それどころか日光は細かい部分もすべてさらけ出してしまうのでより
オモチャっぽく見せてしまうこともある。だから屋外撮影するときはあらかじめそれを頭に入れ
た塗り(仕上げ)をしなければダメなんじゃないか?と思うのである。
じゃあどうすればいい?今回のファルケで気をつけたポイントをちょっと整理してみた。

 まずは色。実際の飛行機などの塗装は、色が褪せたり
 変色などで複雑な色味が混ざりあっているはずである。
 それを再現するため今回緑系の色を3色使った。これも
 混ぜたり重ねたりするので実際は3色以上になるけど。

 色味の変化を筆のタッチでつけるのだが、綺麗に塗った
 あとからタッチをつけようとするとどうしても意識してしまい

タッチがわざとらしくなりがちである。そこで最初にタッチを強めにしておき、その上から極薄に
した塗料で下の色を透かしながら何回も上塗りをすることでタッチをつけるのではなく、むしろ
余計なタッチを消す感覚で塗る。このときも少しずつ色味を変えながら色の層が何層にもな
るように塗っていく。屋内照明だけだと表の方の色しか出てこなくても、日光の強い光だと下の
方の色も微妙な色味となって表に出てくると信じ、普段より色の層が多めになるよう、塗り重ね
てみた。この塗り方にはラッカーが一番適していると思う。

ガトリングまわりはとってもゴチャゴチャして筆
塗りしにくいのでマホガニーをエアブラシでぷし
ーっと吹く。そのとき偶然出来たグラデーション
が結構かっこよかったのでタッチとして残すこと
にした。この辺は撮影のとき日光が当たりにくく
影になる部分なのでわざとタッチを粗くしておく。

これに関してはなんの根拠もないんだけどなん
かメリハリがついて面白いかなぁ?と。

次はテクスチャー(表面の凸凹のこと)。凹凸が全くなく、つるつるだとプラっぽく見えてしま
い、かといって凸凹が粗すぎるとスケール感がなくなったり何か別の材質に見えてしまう。実際
の飛行機は薄い金属で出来ているため、よく見ると表面が凸凹している。戦車なんかは鉄特有
のゴツゴツした感じ(鋳造物特有のゴツゴツとはまた別)になっている。日光はその凸凹をはっ
きり写し出してしまうのでとくに気をつけなければならない。

 コクピットの前の部分は、パイロットが眩しくないように
 黒色で塗られてる飛行機がよくあるというほど日光を最
 も反射する部分。つまり一番あらが目立ってしまうところ
 だからより念入りに。

 ファルケは装甲が厚い設定なのでここは戦車のイメージ
 で。まず溶きパテで表面を鉄っぽくあらし、筆のタッチも
 できるだけ細かく入れるようにした。

筆のタッチが細かければ細かいほどスケール感がアップするのだ。じゃあ全部そうすれば
いいじゃん。いやいや模型は密の部分と粗の部分があった方が面白くなるんだと思う。

いいわけぢゃないぞぉ。ほんとにそう思ってるんだからなぁ。



  >>『人気ブログランキング』に参加してます。
  
  ↑ポチッとしていただけるとよろこびます。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
初投稿です。
こんばんは、YDCCの雪です。
静岡では大変お世話になりました、またblogのほうにも出向いて頂きその上リンクまで。お気遣いありがたく又嬉しく思っております。
本日のtipとても勉強になりました。緻密に計算された上での世界観や表現作りにはいつも唸らされておりましたが、なかなか文章で表すのは難しいのに流石だなぁと。

ところで、先ほど知り合いのサイトでアトランティスの帰還後の写真を見つけました。
ttp://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_1372.html
大気圏脱出後の放射線を浴びまくったセラミックなんて、もし本物と同じように表現できてもなかなか解っていただけないかも知れませんが、知ってしまうとやってみたくなるのは性ですかねぇ^^;
[2009/05/27 21:13] URL | 雪 #mQop/nM. [ 編集 ]

透ける
あにさん徹底してますね。
僕は透かせるってのはいつも意識してないんですが下の色の違いで色の揺らぎが出来るって事なのかな?と思ったりして。
どうりで作品に深みが出来るわけですね~。
[2009/05/27 21:16] URL | へこ #FIoJ9CB. [ 編集 ]


文章としては理解できても実践するとなると難易度が高いですよね絶対…

マシーネンといえばエロ筆(?)ですが
ファルケのような大面積も面相筆で塗ってしまうのでしょうか??
平筆とかだとタッチの加減もまた変わってきますよね~
[2009/05/27 23:02] URL | しろ #6eom9ubw [ 編集 ]


筆タッチで光の加減、陰影ですか.....。
なんかウチには技術的にも時間的にも先の話です。
そうそう、前書き忘れちゃいましたが、
グランプリの時の写真の陰も1/1に感じました。

ボコボコ感。あれってテクスチャーって言うんですか。
ヘンと思われちゃいますが、それが大好きで、
新幹線とか飛行機とか、本来は完全な平らな面が理想なんでしょうけど、
素材は薄い上にリベットで押され引っ張られでゆがんでしまう。
そこがいいんです。光が彼方此方にギラギラ反射してる感じが。
模型でキット的にはそんなの表現されてませんけど、
近いうちソレをやってみようかなと思ってるんです。バルキリーで。

一番したの写真いいですね。鉄臭くて。
公園の古い遊具の鉄の匂いを思い出します。
そんな匂いがするんでしょうね。(^^)
[2009/05/28 00:16] URL | チアキ #- [ 編集 ]

いがいとてきとー
■雪さん
どもです~♪

>静岡では大変お世話になりました
いえいえこちらこそです。
また来年もお隣さんだといいですね。

>本日のtipとても勉強になりました。
そ、そうですか?
支離滅裂な文章で申し訳ないです。
それに勝手に僕が思ってること書いてるだけなので
全然間違ってるかも知れません。

>緻密に計算された上での世界観や
こうやって書いてもらうととても高度なことをしてる気になりますが
一言で言うと妄想壁があるだけだったり。

>アトランティスの帰還後の写真を見つけました。
うおおおおお。
かっちょいいいいいいっ!
機首の下のあたりの汚れはやっぱり
大気圏突入時の空気との摩擦の焼け跡なんでしょうかね。
すごく説得力があります。本物なんだからあたりまえなんですけど。

>知ってしまうとやってみたくなるのは性ですかねぇ^^;
なりますよねぇ。
確かに宇宙なんて身近じゃないから
宇宙汚れなんて表現してもわからないかもしれませんねぇ。
でも何かしらの説得力というか迫力は出るんでしょうね。

やりたいことはまだまだありますよねぇ。ほんとキリがない。

お金もヒマもない・・・。


■へこさん
久しぶり~♪

>あにさん徹底してますね。
そ、そうですか?

>僕は透かせるってのはいつも意識してないんですが
へこさんレベルならたぶんもうそれは
無意識でやってるかも知れませんよー。
なんかそんな気がする。

>下の色の違いで色の揺らぎが出来る
なんかすげーかっこいいんですけどその言い回し。
揺らぎって言うのかどうかわかんないけど
下の色が上の色に微妙に混ざり合って
複雑な色になる。って感じかな?

それと下地塗りのとっちらかった色を
上から塗ることで落ち着かせるというかなじませるというか
そんなのを意識しながら塗ってます。

>どうりで作品に深みが出来るわけですね~。
なんかもっともらしいこと言ってはみたけど
けっこうてきとーに塗ってたりします。


■しろさん
>文章としては理解できても実践するとなると難易度が高いですよね絶対…
いやむしろ逆のような気がしますよ。
文章にしちゃうとなんかすげーことのように思えるけど
実際やってみるとたいしたことねーじゃん。
みたいな。

>ファルケのような大面積も面相筆で塗ってしまうのでしょうか??
今回のファルケは奥まって筆が届かないところを
エアブラシで下地塗りしたけどそれ以外の基本色は
全部面相筆(エロ筆)一本で塗りました。
ウエザリングとかチッピングはさすがに他の筆も使いましたが。

>平筆とかだとタッチの加減もまた変わってきますよね~
変わってきますねぇ。
僕はタッチをぼかしたいときなんかに平筆を使います。


■チアキさん
>なんかウチには技術的にも時間的にも先の話です。
文章で書いてるほどたいそうなことしてないよ。
けっこうてきとーに塗ってるかも。

>グランプリの時の写真の陰も1/1に感じました。
ありがとー♪
太陽光ははるかかなたからやってくるから
限りなく平行に近い光線なんだよね。
だから1/20だろうが1/1だろうがほとんど同じ。
自然の物でそのまま使ってもスケールが
おかしくならないのって太陽光くらいかも。

>ヘンと思われちゃいますが、それが大好きで、
いやいや僕も大好きです。

>素材は薄い上にリベットで押され引っ張られでゆがんでしまう。
そうそう。
ちょっと前に飛行機模型の本でそのゆがみを
再現してた人がいたよ。
すげーなーって思いました。
細かい歪みは筆で再現可能だって横山センセが言ってましたよ。

>公園の古い遊具の鉄の匂いを思い出します。
おおっ!
そういうの狙ってたんですよ。
見た人が何かを感じる模型を作ろうと。

前友だちに錆びたワッパを見せたら
小学校の時の鉄棒思い出した。って。

いやぁいいことですねぇ。
[2009/05/28 21:29] URL | あに #V8JG6pNI [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/05/29 12:11] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://aniu2.blog3.fc2.com/tb.php/315-93230743
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。