PROFILE



【 あ に 】
モデラー科に属する雑食獣。
東海地方に生息し、ガンプラ
やマシーネンを主食とする。



NaGoMo2

浜松ジオラマファクトリー

【MG】

CATEGORY

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

TRACKBACK

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模型を大きく見せるには
 この前の日記で日の光で模型が模型に見えてしま
 う原因は 『塗装面の粗さ』 にあると書いた。実はこ
 の他にもう一つの 『粗さ』 が模型を小さく見せてい
 る原因がある。それは 『地面の粗さ』 である。
 
 外で撮影するとき、より本物に見せるためにはやはり
 本物に勝る物はない。だから地面は本物の土やコン

クリートを使おうと思って土の上に置いて撮影したのになんかちがうなぁ?っていう経験はない
だろうか?確かに本物以上に本物に見える物はない。けど本物は1/1のスケールである。それ
をそのまま1/20に使えば土の粒が本来の20倍になってしまうので模型が小さく見えてしまう
のである。・・・なんて偉そうに書いてるが、実は僕もそれに気づいたのはつい最近だったり。

滑走路をイメージして、会社のコンクリートの駐
車場にファルケを置いて撮影してみた。上の写
真でわかるようにかなり表面が細かいコンクリだ
ったのでこれでいけるだろうと思ったが大失敗。
(右の写真)ここまで接写してコンクリートの粒子
が意外と粗いということにはじめて気づいた。
おそらく同じことが土や雪などでも言えると思う。

じゃあどうすればいい?そのスケールにあった地面を作ればいいのである。・・・とは言ったもの
の今回はローアングルで撮るからどんだけでかいベースがいるんだ?うわ1m弱もいるじゃん!

 そんなでかいの何で作ればいいんだ?と途方に暮れてたら会
 社に80cm×40cmの建材ボードが落ちてたラッキー♪でもそ
 のままだと滑走路に見えないので、ホームセンターで買ってき
 た補修用モルタルを使ってみることにした。これをヘラで薄く均
 一に塗りのばしていく。丸1日ほど乾燥させたら正方形のスジ
 を彫っていき、エナメルでウェザリングする。さすがにこれだけ
 広い面積は普通の筆では塗れない。僕は油絵用の豚毛の筆
 を使った。さすが豚の毛。かたいかたい。

このとき注意するのは、いくら塗る面積が広いからと言ってハケやブラシで塗装しないこと。

常にスケールを意識して塗るようにする。ウェザリン
グの粗さも結果に少なからず影響してくるから。スケ
ールを意識すると言われても。という人はすぐ横に
同スケールのフィギュアを置いて塗るといい。人間
との対比ならイメージがつかみやすい・・・よね?

それから擦れたような傷を紙ヤスリでササッと書い
て完成。てきとーでも結構雰囲気でるよ。

そしていよいよ撮影。1/20の人の目線の高さから撮影すると迫力が出る。そして重要なのが被写界深度。つまりピントの合っている領域のこと。これを深く(領域を広く)した方が大きく見え
ると思う。人間は大きな物を見るとき対象物全体にピントを合わそうとする。だからピントが全体
に合ってる写真は大きい物だと認識する。・・・んじゃないかなぁ?

写真家の本城直季さんは実物の物を模型のように撮ることで有名。だからその逆をすれば模
型を実物のように撮すことができるんだろうね。ってそんなことできるかいっ!って?

たしかに。だけど本城さんの写真に何かヒントがあるのは間違いないのだから。


  >>『人気ブログランキング』に参加してます。
  
  ↑ポチッとしていただけるとよろこびます。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
今まさに
こんにちは。
今まさにその壁に直面してます(越えてません。)。
キットの表面の粒子について大失敗してました。
もうあらゆる色のせてしまったので
今さらどうにもならないんで方向ねじ曲げてます。
実は昨日屋外で撮影しました。
結果はやはり表面の粒子による
「明らかにおもちゃ」
になってしまってました。
残念です。

それとコンパクトデジカメだと
絞って画面の隅々までピント合わせるのって
無理なんでしょうか。
うーむ屋外撮影、簡単とは思ってませんでしたが
思ってた以上に難しいですー。

[2009/06/22 17:00] URL | midouji #- [ 編集 ]

認識
こんばんは~
模型の撮影法興味深いですね。
僕は撮影の距離を置くようにしてます。
模型を近い距離で撮ると遠近の影響で模型の近い部分と遠い部分のサイズの差が極端になっていかにも接写っぽくなると思うんです。なので出来るだけカメラは離すけれどもズームもなるべく使って被写界深度は深く、、見たいな事をしてます。プールの写真にも言えるかも?と思ったりして~。どんだけ~!
[2009/06/22 19:29] URL | へこ #FIoJ9CB. [ 編集 ]


あのジオラマみたいな写真すごくおもしろいですよね。最初だまされてたwどんだけ細かい人が作ったんだろってwww
[2009/06/23 08:52] URL | アナハイム・カフェ #- [ 編集 ]

模型撮影
模型の撮影には、市販の教科書もなく
マクロ撮影といえば、背景ボケボケの「花の写真」の撮影法ばかり。
カメラのシーンモードもそれに準じて
被写界深度を浅くするモードになっているようですね。

どうすれば、いちばん望ましい写真が撮れるのか。
望む写真のあり方も、立ち姿のガンプラと
平べったい戦車や、極端に奥行きのある艦船ではそれぞれにちがいがあるでしょうし、
それぞれのモデラーが試行錯誤している現状だと思います。
資金力潤沢なカメラマニアで、同時にモデラーの方が
いろいろな機材を比較して、
撮影法も実験してくれるようなブログがあったら助かるんですけどね。

わたしもコンパクトカメラを使っています。
被写界深度をとるために絞るわけなんですが、どうもMAXに絞ると(それでもF8ですが)画質が劣る現象に悩まされています。

それと、コンパクトカメラは、レンズがそれなりでしかないのでしょうか。トリミングすると、アラが目立ちます。

カメラの構造的には、広角側が最も被写界深度は深いと書いてあります。
離れて撮影しても、画質の劣化を感じますしパースが無くなって、いかにも小さな模型に見えるので
わたしの場合は、「広角端」で「絞りに絞って」、「1センチ接写」が、いちばん面白い写真の撮れることが多いです。
全体を写したいときは、少し下がってます。

あにさんのコンクリートの地面はすごく良くできていますよね。
わたしは、コンクリートではなく、
「アスファルト」の地面を表現するのにグレイの「サンドペーパー」を使います。
スケールにあわせて、目の粗さを変えれば、そこそこどのスケールでも使えますよ。
[2009/06/24 11:52] URL | 宮崎 #- [ 編集 ]


いいものが会社に落ちてましたねwww

>同スケールのフィギュアを置いて塗るといい。人間
との対比ならイメージがつかみやすい

…これ最高のヒントですね!

写真コンテストが増えるなか、造形だけでなく撮影にもテクニックが要求されてくるとなると・・・
うーん・・・汗
普通につくるだけで精一杯なのに~(笑)
[2009/06/24 21:43] URL | momo_chan!!です #N4sINcV. [ 編集 ]


こんばんは

まったく関係のない質問で大変申し訳ありませんが、あにさんをはじめとするMa.kを作り慣れてる方々はSAFSの関節や動力パイプはどのように塗装しているのでしょうか?
わたしが制作中のスネークアイはメタルプライマーを下地にしたり塗料の溶きパテを混ぜたりポリに色が乗るようあの手この手を試しているのですが、少し動かしたりする程度で結局塗膜がはがれおちてしまいます。
[2009/06/24 22:38] URL | #- [ 編集 ]


うーん
ジオラマやらない派にも参考になるハナシ。
やっぱ模型って
“見る人の眼を騙してナンボ”
ですもんねー。
上手いモデラーは詐欺師にも向いてるのか…
とか、あにサン見てて思うw

*本城直季さん!私も結構気になってチェックしてる。
 「何かヒントがある」「それがまだ見えない」
 意識してるか否かだけでも変わってくる…と信じて。
 
[2009/06/24 23:54] URL | ZIGGY #WUyDXMS2 [ 編集 ]


個人で作ってそれを眺めるには問題ないけど、
ブログや雑誌など写真を撮って公開するとなると
ハナシは別になってきますね。
ここ、最近になって撮影も大事かな~と思ってます。
いや、だいぶ大事ですね。
実際はスゴク上手いんだけど撮影がヘタで損してるヒトもいるだろうし、
それとは逆に模型はダメでも撮影が上手くてよく見えちゃってるってヒトもいるかもしれません。

たしかにあれですね。
その辺の浸透アスファルトだったりすると、
溶岩級の滑走路になっちゃいますね。(^^;)
しかし、あのファルケの写真って
こ~~んなに長いベース使ってたんですね?(^^:)
ただ飾るのでしたら全く必要の無い大きさですが、
あの角度からするとこれくらい要するんですね。

土とかベースにした場合、遠くの土の塊とか植裁を
小さいものを使ったりして遠近法を用いたりすると
いいですかね。(’’)

[2009/06/25 00:47] URL | チアキ #- [ 編集 ]


スケール感は、写真の場合すごく大事な事だと思います。
ベースとのスケール感の違いで、ちぐはぐになっている写真もみかけます。
やはり、そこを考えると、これぐらい大きなベースがいるのは納得します!!

リンク工事終了しました!
これから、宜しくお願いします!!

アナハイムからチャリで10分ぐらいのところにすんでいるので、会える日を楽しみにしてます!w
[2009/06/25 15:16] URL | geek #e6mArcUg [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/06/25 19:52] | # [ 編集 ]


連日来店おおきにでした!またよろしくでーす!
[2009/06/28 14:34] URL | わこうつうしん #- [ 編集 ]

遅くなってすんません
■midoujiさん
>今まさにその壁に直面してます(越えてません。)。
おお。
がんばってください。
僕もよくぶち当たります。
僕の場合、乗り越えずに突き破ります。

>結果はやはり表面の粒子による
>「明らかにおもちゃ」
なかなか難しいですよねぇ。
でもmidoujiさんならコツさえわかれば
すんごい写真撮れると思いますよ。

>それとコンパクトデジカメだと
>絞って画面の隅々までピント合わせるのって
>無理なんでしょうか。
うーん・・・
マクロ撮影じゃなければむしろ
コンデジは全体的にピントが合いがちのような気がします。
コンデジはボケって苦手ですから。

いろいろがんばってくださいねー。
僕もがんばってます。


■へこさん
この前はありがとねー。わざわざ来てくれて。

>模型の近い部分と遠い部分のサイズの差が極端になっていかにも接写っぽくなると思うんです。
うんうん。
広角気味になるってやつですね?
極端なパースが付いてそれがむしろ迫力を増す。
っていう人もいますよね。

>ズームもなるべく使って
ズームだと正しい形になるような気がします。

>被写界深度は深く、、
やっぱそうですよねぇ。
浅い写真も好きですが大きく撮るには向いてない気がします。


■マスター
あんなにリアルな模型が出来たらそりゃもう驚きでしょう。
でも見れば見るほどよくわからんくなってくるね。


■宮崎さん
>マクロ撮影といえば、背景ボケボケの「花の写真」の撮影法ばかり。
確かに。
でもあの表現ははじめて撮ったときはかなり感動もんでした。
エアブラシもはじめて使ったとき感動しました。
それと似てるんでしょうねぇ。

>それぞれのモデラーが試行錯誤している現状だと思います。
いやほんとに。
この前のスケアビの写真は
どれもかなりいい感じでしたねぇ。
ただ全部夕暮れだったので青空の写真も
見たかったなぁ。
やっぱいろいろ見えちゃうので難しいのかな?

>撮影法も実験してくれるようなブログがあったら助かるんですけどね。
意外とないですよねぇ。
ブースや照明に凝る人はたくさんいるけど。
どう撮れば巨大にリアルに見えるか?
ていうブログはほとんどないです。

>わたしもコンパクトカメラを使っています。
え?そうなんですか?
すごい機材使ってるように見えますよ。

>画質が劣る現象に悩まされています。
コンパクトカメラはレンズがくらいから
それをフィルム感度で補おうとすると
ノイズがひどくなりますよね。

>わたしの場合は、「広角端」で「絞りに絞って」、「1センチ接写」が、
うん。僕もそんな感じで撮っています。
近づいた方がアングルの幅も広がって
楽しいですよね。

>あにさんのコンクリートの地面はすごく良くできていますよね。
ありがとうございます。
やる前はこんな大きいの作れるんだろうか?
と不安でしたがいざはじめると結構楽しくできました♪

>「アスファルト」の地面を表現するのにグレイの「サンドペーパー」を使います。
昔黒い画用紙を使うって言うのを何かで聞いたような気がしましたが
なるほどサンドペーパーならスケールに合わせられるのかぁ。
ナイスアイデアありがとうございます。


■momo_chan!!です
>いいものが会社に落ちてましたねwww
はいほんとに。
パッケージされて落ちてました。

>…これ最高のヒントですね!
真面目に人にあわせてやろうと思うと
かなり厳しいんですけどね。

>普通につくるだけで精一杯なのに~(笑)
確かにそう考えると倍大変ですが
上手く撮れるようになれば
写真で誤魔化せる。
と考えると真面目に写真勉強しようかなぁという気になります。

大きな声じゃあ言えないけど
写真でかなり助かってる場合ありますし。


■ななしのごんべさん
書き込みありがとうございます。

>まったく関係のない質問で大変申し訳ありませんが
いえいえ全然問題ないですよ。

>SAFSの関節や動力パイプはどのように塗装しているのでしょうか?
僕の場合は関節は固定しちゃって
エポパテでシーリングしちゃいます。
関節には布もしくは蛇腹がかぶってるっていう表現にしてしまいます。
動力パイプもスプリングに換えてしまいます。

>少し動かしたりする程度で結局塗膜がはがれおちてしまいます。
僕はまだ試したことがないんですが
センセがこの前サイトに書かれてた
ハセガワのマスキングリキッドを使った方法はどうでしょうか?
http://homepage3.nifty.com/kow/wavesnakeeye04.html

僕も今度時間があるときにでも試してみようかと
思っています。


■ZIGGYくん
>やっぱ模型って
>“見る人の眼を騙してナンボ”
>ですもんねー。
うん。そういいますよねぇ。
僕なんかほら人がいいから
どうしてもそういうの苦手なんですけど
ZIGGYくんなんかもうものすごい上手いよね。

だ・ま・す・の・が。

あの宝玉ギャンなんかすごいよねぇ。
ペテン師レベルはるかに超えちゃってるし。

>上手いモデラーは詐欺師にも向いてるのか…
またまたぁご謙遜を。

>「何かヒントがある」「それがまだ見えない」
そう見えるには絶対何かあると思う。
ピントにばかり注目がいくけど
コントラストとか色味にポイントがある気がする。
例えば「大気の色」みたいな?


■チアキさん
>ここ、最近になって撮影も大事かな~と思ってます。
うんうん。
確かに荒川さんの円形劇場みたいに
どの角度から見てもその作品自体を楽しむ。
っていう手法はそれはそれですばらしいと思いますが。
僕が最近やってみたいのは
光や影も考慮して一つの「絵」としての完成です。

写真判定のコンテスト以外に展示会もあるので
そんときはまたちょっと違う仕上げ方法になるとは思いますが。

>溶岩級の滑走路になっちゃいますね。(^^;)
うん。
スケール感ってあなどれないっすよぉ。

>あの角度からするとこれくらい要するんですね。
う、うん。
もっと他に方法あるとは思いますが
とりあえずこれしか浮かばなかった・・・。

>遠近法を用いたりすると
遠近法かぁ。
それ、面白いかも。


■geekさん
>スケール感は、写真の場合すごく大事な事だと思います。
大事ですよねぇ。
スケール感が違うと急にリアルさが無くなりますもんね。
たとえば空と水平線を利用すれば
こんなに広い滑走路はいらなかったかもですね。
またそう言うのにもチャレンジしてみようと思います。

>リンク工事終了しました!
ありがとー。
こちらも完了しましたよっ。

これから、宜しくお願いします!!


■ないしょさん
突然でほんと申し訳なかったです。


■マスター
今回はほぼ毎日アナカに行きましたねぇ。
慣れるとあの距離も全然苦じゃないですねぇ。
それにしてもマスターの料理どれもおいしかったぁ。

[2009/06/29 19:10] URL | あに #V8JG6pNI [ 編集 ]


フムフム、、、、1/20アスファルトの作り方、、、
(一生懸命メモをとる兄さん、、、ガリガリ、、)
撮影の話、、、ホント難しいですよねぇ、、、、
僕もいつも苦労してて、生まれてこの方成功したためしが無いっ!!ゴフッ、、、
たぶん、、、、ミソは、模型製作や塗装みたいにやってる側がのめりこめるか?にあるんでしょうが、まず、「のめりこむ」までいかないのが現実多いんでしょうねぇ、、、、
(僕なんか典型的にそれですな!笑!!)
模型だと、「絶対こうでなきゃイヤッ!」とか思えるのに、いざ撮影になると「ウン、OKしょ?!」
みたいな、なんかどこかで「タカ」くくってるような、なめた態度が必ず自分の中にある、、、
(毎回反省してるんですが、、、)
容易に見つかるハズのない打開策についついサジ投げちゃってて、、、ホントノータリンですよ!
まぁ、それ以前にそこまでの作品に到達していないのも自覚してはいるんですが、、、、、
悩みはつきないなぁ、、、
(悩めるのも幸せなんでしょうけどね!!ウフ)
[2009/06/30 23:59] URL | n.blood #- [ 編集 ]

キセキの一枚
■n.bloodさん
>(一生懸命メモをとる兄さん、、、ガリガリ、、)
うそ言ってるときもあるので
話半分くらいがいいと思います。

>撮影の話、、、ホント難しいですよねぇ、、、、
難しいっすよねぇ。時間もかかるし。
撮影+プリントアウトだけでいつも1.5日くらい
かかっちゃいます。

>(僕なんか典型的にそれですな!笑!!)
作り込んだり塗り込んだりした作品って
撮影の時に自分でも思ってない構図が撮れたりして
それが面白くてのめりこんじゃうときあります。
n.bloodさんのように超精密作品なら
すごくたくさんそういう自分の想像以上の写真が
とれておおおお。っていうことあるんじゃないでしょうか?

>模型だと、「絶対こうでなきゃイヤッ!」とか思えるのに、
>いざ撮影になると「ウン、OKしょ?!」
お。なんか面白いッスねぇ。
僕その逆かもしんない。
模型だと「ま、ここが目立たないように写真撮ればいっか。」
みたいな。
だから写真見せるより実物見せる方が緊張するんです。

>(悩めるのも幸せなんでしょうけどね!!ウフ)
悩むということはまだ成長してるっていうことで
今以上の作品がこれから先出来る可能性がある。
ってことですもんね。
僕も悩んでばっかりです。
[2009/07/02 17:48] URL | あに #V8JG6pNI [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://aniu2.blog3.fc2.com/tb.php/320-f33b1c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。