PROFILE



【 あ に 】
モデラー科に属する雑食獣。
東海地方に生息し、ガンプラ
やマシーネンを主食とする。



NaGoMo2

浜松ジオラマファクトリー

【MG】

CATEGORY

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

TRACKBACK

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗りが上手くなる本
1/35ファイアーボールとプラウラー、ぼちぼち進めております。なかなか思う様に進まんけど。やっぱこのカラーリングはしんどいよ。「S」マークを6個も書かないといけないし。素直にデカールにしとけばよかったかなぁ?でもデカールにするとツヤのコントロールって難しくない?それに境界線ぼかせないし。

それに前から思ってたんだけど、ハセガワのデカールって貼りにくくない?糊が弱い上に固くて曲面に馴染まないし。僕だけ?

このファイアーボールのカラーリングは、前にwaveやイエローサブマリンから出てたときと若干変わって、手首のところに朱色が入ってる。全体が緑だから補色の朱がワンポイントで入ると模型がびしっとしまるんだよね。塗っててなんか物足りないなぁと思ったら、どこかに補色を入れてみるといいのかも。錆びて朽ちた物に植物が似合うのはきっとそういうことなんだろうね。

模型や絵画において最も重要なのは「色」だと思う。一番最初に目に入ってくるものだからね。でも色や塗りの勉強をいちからするのは大変なことだし、何からすればいいのかわからない。そこで僕がお薦めするのが この本。
ふつう、模型のハウツー本と言ったら工作中心なんだけど、この本は模型のハウツーとしては珍しい 『塗りを中心とした本』 なんです。

で、この本を買ったらまずは一度さくっと読んでみてください。ただ読み物としても面白いからすぐ読めちゃうよ。そのとき内容は理解できなくてもいいです。もし全部理解できたなら、あなたはもうすでに芸術家ですから。あーなんかこんなようなこと書いてあったなーくらい頭に入れておけば充分。あなたがいつか色を塗っててその場面に出くわしたとき、そこではじめてこの本に書かれていた内容が理解できるでしょう。

そんなことを繰り返してると、ほんとびっくりするくらい塗りが上手くなるから。





テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://aniu2.blog3.fc2.com/tb.php/403-0ce9751e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。