PROFILE



【 あ に 】
モデラー科に属する雑食獣。
東海地方に生息し、ガンプラ
やマシーネンを主食とする。



NaGoMo2

浜松ジオラマファクトリー

【MG】

CATEGORY

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

TRACKBACK

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬季迷彩
基本塗装はクレオスメタルカラーのアイアンを塗った後、アクリルでジャーマングレーを塗るという宮崎式をやってみた。塗装後 キムワイプ で擦ってやると下のメタルカラーが影響して、金属っぽくなる。ティッシュでもいいんだけど、キムワイプの方が表面がガサガサしていて丁度いいし、毛羽が立ちにくいのでお薦め。

その上からシリコンバリアーを塗り、冬季迷彩をアクリルの白で描いていく。質の悪い塗料もしくは石灰水を使った感じを出す為、塗装がボロボロッと剥がれおちてたり、溶けて流れ出てたりするのを表現する。
ボロボロッと剥がれおちてる感じは、エナメル溶剤をたっぷり染み込ませた堅めの筆で擦ってやる。流れ出た塗料の表現は、アクリル溶剤を筆に染み込ませ、ゆっくり同じ方向に何度もなぞる。アクリルは完全に乾燥するとアクリル溶剤では溶けないので、白を塗ったその日の内にここまでの作業は終わらせた方がいいと思う。

色んな資料を見て思ったのだが、戦車って鉄板が厚いところはとことん厚く、薄いところは手でも曲がるんじゃないか?というくらい薄い。フェンダーや排気のカバーなんかはかなり薄くてベコベコに曲がってるのでそれを再現してやる。

本来はエッチングパーツに変えるのだろうが、そんなお金も技術もないのでプラをグラインダーで出来るだけ薄く削って、慎重にゆっくり曲げる。これだけでも薄い鉄板の感じが出る。ついでに排気口も穴をギリギリまで広げた。




     



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://aniu2.blog3.fc2.com/tb.php/591-a39f9e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。