PROFILE



【 あ に 】
モデラー科に属する雑食獣。
東海地方に生息し、ガンプラ
やマシーネンを主食とする。



NaGoMo2

浜松ジオラマファクトリー

【MG】

CATEGORY

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

TRACKBACK

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レベルは高いが、ずば抜けた作品が無い。」のはなぜか
最近のコンテストの総評でよく耳にする言葉。

「レベルは上がってきたが、ずば抜けた作品が無い。」

どうしてこういうことが起こるのか?

どのジャンルにしても近年の模型環境はキットのクォリティーの良さ、工具の精度、エッチングパーツなどのマテリアルの充実など一昔前とは比べものにならないほど良くなってきている。
良いキットを良いパーツでディテールアップし、良い工具を使って作るんだからレベルが上がってきて当然だと思う。

じゃあなぜずば抜けた作品が減ってきてるのか?

キットやマテリアルの完成度が上がればいぢりにくくなり、加工が限定されるというのは勿論あるが、一番の原因は「技法の確立化」なんじゃないかなと。

ミリタリーでいえばカラーモジュレーション→フィルタリング→チッピングなど。ガンプラなら後ハメ加工→C面加工→筋彫り→墨入れなどなど。

もともと技法というのは、マニュアル化することで誰でもある一定レベルまで作品の完成度を上げるものである。みんながそれぞれの技法の技術を上げ、それを手順通りにやるんだから、やればやるほど完成度が高く、同じような物が出来るのは当然である。最近ではネットの普及による情報の共有化でさらにその傾向が強くなったように思える。

技法の確立化。これは素晴らしいことだと僕は思う。ただ、誰もが完成度の高い作品を作れる可能性がある反面、個性的な作品を作りにくくしている原因にもなってる気がする。


そしてこれはもっと大きな傾向の原因になってるような気がする。







テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

確かにウェザリングするにも汚れ方はそれぞれ違いますからマニュアル化はできないですよね。

最近になって自分のやりかたでウェザリングできるようになりました。
でもまだまだあにさんには及びませんけどね..........
[2014/04/09 22:11] URL | たっとれ #- [ 編集 ]


おじゃまします。
作例が終わったとありましたが,どのへんの雑誌に掲載されるのでしょうか?
最近はオマケがついたりして模型誌も妙に高いので,ステキな作例があるのを買うようにしてます。あにさんの作例ならぜひ読みたいです~。
[2014/04/13 11:19] URL | transista #- [ 編集 ]

スケビ
■たっとれさん
一番大事なことは
どんなやり方でも良いから
楽しむことだと思っています。
楽しくなければ続かないですもんね。

■ transistaさん
まいどっ。
1/32のホーネットを作りました。
12日に発売になったスケールアヴィエーション5月号の
表紙になってます。
付録ついてないので立ち読みも出来ますよっ。
[2014/04/14 11:55] URL | あに #V8JG6pNI [ 編集 ]

素晴らしい論文
お久しぶりでございます。jeffです。

素晴らしい論文と拝読させていただきました。
音楽の世界でも同じ事がおこっております。
「ずばぬけた作品がない……」

技法の確立化がもたらす個性の同一化も非常に同感します。
米国の作品は、本当に個性がありますね。

艦艇ジャンルでは、日本人のほうが米国より上手いです。
米国の艦艇作品の塗装なんか、厚くてべとべとしています。
でも見ていて楽しい!
これは一体なんだ?と思うのです。
[2014/04/29 23:52] URL | jeff-carlton #iDX8.YKs [ 編集 ]


■jeffさん
どもですっ。
音楽もですか。
イラストやデザインもそうだよと聞きました。
みんな同じなんですねぇ。
技法の確立化でスキルは磨かれるので
完成度は高くなるけど
表現の幅が狭くなるんじゃないかなと思います。
ただ、それはそれで素晴らしいこととは思うんですが、
ずば抜けた物を目指す方は
技法にこだわりすぎない方がいいかもしれません。


[2014/05/02 16:54] URL | あに #V8JG6pNI [ 編集 ]

それは
美術や娯楽全般に共通の問題ですね。
技術の高さや欠点のなさはあくまでも観客を楽しませる手段の1つであって
面白さの本質ではないという。

ただしコンテストの場合は技術競技会としての側面が強い方が普通ですから
あまり軽視しても賞を狙えなくなってしまいます。

私は賞よりリアクションを欲する人間なので、結果はどうあれスタンスでは迷いませんけど!
[2014/05/02 17:48] URL | ブラスコウ #- [ 編集 ]


■ブラスコウさん
どもどもっ。
減点法を用いるコンテストの場合
無難な物が上位に行く傾向にあるんでしょうね。
勿論それもありだとは思いますが、
僕はそういうコンテストにはあまり興味が無いかな。
スタンスに迷いがないって言うのは
とても重要なことだと思います。
ブラスコウさんの作品はどれも面白いので
これからも楽しみにしていますね。
[2014/05/08 17:58] URL | あに #V8JG6pNI [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://aniu2.blog3.fc2.com/tb.php/632-c32f4b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。