PROFILE



【 あ に 】
モデラー科に属する雑食獣。
東海地方に生息し、ガンプラ
やマシーネンを主食とする。



NaGoMo2

浜松ジオラマファクトリー

【MG】

CATEGORY

RECENT COMMENTS

RECENT ENTRIES

ARCHIVE

TRACKBACK

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌を塗るには青色を使おう
少し不健康な色白の肌を塗るポイント。色白に塗るからといって肌色に白を混ぜればいいというわけではない。白よりも青を混ぜてみよう。血の気の薄い、いい感じの色になる。あまり入れすぎると死体になっちゃうから気をつけよう。

全部青白く塗るだけだと生々しさが出ないので、耳、小鼻、唇は肌色に赤を混ぜる。とくに目のあたりを赤くすると生々しくなるぞ。さっきから肌色肌色といってるけど具体的にはどんな色なのかというと、僕はクレオスのミスターカラーC51番(薄茶色)を使ってる。これに赤やら青やら茶色やらを混ぜて調整してるぞ。赤味を増したい場合は気をつけよう。赤色だけ足すとピンクになって、その色をそのまま目のまわりに塗ると新宿二丁目になって楽しいぞ。二丁目が嫌ならそれに少し黄色を足して調整すると良いぞ。

色というのはいつも相対的に見るといい。赤味を増したいときに赤を沢山入れても入れたほど赤には見えないし、どんどんリアルな色から離れていくぞ。むしろそのまわりを青い肌色で塗った方が赤く見える。このマッドサイエンスティックなおっさんもおでこのあたりに青系の肌色をおいてあるぞ。

茶色系の色をたくさん使ってこってり塗ってるフィギュアをよく見る。たしかにこってりしてコクがあるけど、本来の人間の肌色からはかなり離れちゃってると思う。その原因は「人間の肌に青色を使うという概念がないから。」なんだと思う。青の使い方がよくわからない人は絵画を見て研究しよう。絵画はわざと極端に色をふってる場合が多いのでわかりやすいぞ。

諏訪敦さんという方の画集 どうせなにもみえないがお勧め。この人の肌の色使いがもの凄い!ただ綺麗で透明感があるだけじゃなく、生と死を真っ正面から感じ取ろうとしてるというかなんというか。この本のタイトルがまたいいね。これだけ色んな物を観察し、研究してるのに「どうせなにもみえない」ってね。




     



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
やっぱり凄い!
もう釘付けです。
何回も読んじゃいましたよ。
本当に勉強になりました~😃
[2015/06/11 12:39] URL | ハウエル(hauel) #- [ 編集 ]


■ハウエルさん
お、ありがとうございます。
殴り書きでわかりにくかったかもですが・・・。
[2015/06/15 17:17] URL | あに #V8JG6pNI [ 編集 ]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2017/03/02 19:00] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://aniu2.blog3.fc2.com/tb.php/648-9af6d073
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。